第18回 電波祭

Radio Wave Festival 2019

校長挨拶

熊本高等専門学校 校長
荒木 啓二郎

熊本高等専門学校熊本キャンパスの電波祭が今年も開催されます。今年は、年号も平成から令和へと改まりましたが、熊本高専にとりましても元熊本電波工業高等専門学校と元八代工業高等専門学校とが統合されて熊本高等専門学校となって10年という節目の年です。統合後も熊本と八代のキャンパスでは、教育・研究をはじめとしてそれぞれ特色ある活動をして参りましたが、学園祭も熊本キャンパスでは「電波祭」、八代キャンパスでは「高専祭」と呼んで、学生が主体となって趣向を凝らして開催しております。

今年の電波祭のテーマは、storyz(ストーリーズ)だそうです。このテーマに込められた学生達の思いについては、パンフレットをご参照ください。

高専の学生は、普段の勉学や研究でそれぞれの専門をみっちり鍛えられております。それ以外のロボコンやプログラミングコンテストをはじめとする各種のコンテストや部活動、インターンシップや海外研修などで忙しい生活を送っておりますが、また、クラスマッチや学園祭やオープンキャンパスなどの学校行事にも主体的に取り組んでおります。そうした活動が、専門性や実践力はもちろんのこと、コミュニケーション力や調整力やリーダーシップなどの人間性の涵養につながっていると感じております。

今年は、上述のように熊本高等専門学校となって10年ですので、それを記念する特別な企画もあるようです。学生が自分たちで企画し準備してきた多彩な内容の電波祭をどうぞゆっくりお楽しみください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE